社長給与と法人利益の

最大化

社会保険料の削減最近話題になりました引退後の給与と年金停止の制度につきまして、引退後の勤労意欲を大いに阻害すると従来から批判があり、この法改正が求められていましたが、結果は何らの変更もなく現状のままの仕組みの在職老齢年金制度が継続されることとなりました

これまでは中小企業の社長やその奥さん(専務)の年金は100%近く支給停止となっていました

年金の受給額の大雑把な平均値で年間200万円が全額停止となっていました

二人ではその倍の実に500万円のもらえるべきものがもらえなくなっているのが実情です

私共の提案は給与の額や支払い方法を工夫すれば、この年金停止額500万円が全額もらえるようになると言う提案です

そのためには確認するべき重要な項目があり、これらの注意事項をまとめて「重要事項説明書」という書面で確認できるようにしておこました

この提案を持ち帰って担当の会計事務所にご相談されてもこれまでの経験値で80%近くの会計事務所に反対されます

さりながらその理由について明確に答える会計事務所は少ないのが実情です

年間300万円から500万円の税引き後手取を増やす提案に明確な反対理由もなく反対するなど許されることではありません、私ども事務所では所轄税務署の担当官に詳しく聞き合わせて

関与先の安心感を高めて実施しています

 

 社長!あんたが

決めろ!!

これが私共の会社社長の決断ドッドコムの思いです

コンサルタント業務料金は一律

50万円ですが、効果が年間100万円

​以下の場合は全額返金します!

重要事項確認書

​作業重要事項説明書