社会保険適正化役員編

​年間300万円から500万円税引き後手取りが増える!!

  社会保険料は厚生年金保険は大雑把に言えば月

  給62万円以上の部分は保険料はかかりません

​  賞与に掛かる保険料は一回150万円以上の部分

  は保険料はかかりません

  但し年3回以上の賞与支給は賞与ではなく、

​  給与とされます

  例えば月給100万円年収1200万円の社長が、 

  月給30万円で賞与年1回840万円年収同じ

  1200万円にしたら健康保険料と厚生年金保険料

  の合計額は+になるか-になるか計算は瞬間で

  できます

  更に奥さん(専務)の給料も同様にシミュレー

  ションして2人でいくら健康保険と厚生年金の

  額が違ってくるかの計算が出来ます!

  経験値で言えば間違いなく年間100万から

  150万円ほど減少します

  それだけ保健料は個人と法人が同額負担です

  ら年間300万円もてどりが増加することも可能

  です

​  

 

GO